インフルエンザ対策に腸内環境を改善し免疫力アップ!

  • ログイン画面へ
  • 会員登録をする
  • カゴの中を見る

卵のご注文・お問い合わせは…095-822-9031

インフルエンザ対策に腸内環境を改善し免疫力アップ!

最新の更新情報を皆さまにお届け

みなさん、こんにちは!
卵のネット販売の店長をしております、岩と申します。

冬を迎えて気温がぐっと下がり、空気も乾燥する季節です。
風邪やインフルエンザにかかり、体調を崩す方も多いのでは?

ところが、同じ環境で過ごしても元気な人もいます。
また、若い頃は無縁だったのに、30代を過ぎた頃から
風邪やインフルエンザにかかりやすくなる人もいますね。

この「かかりやすさ」に深く関わっているのが、
異物と戦い、私たちの健康を守ってくれる免疫です。

免疫は、免疫細胞のチームプレーによって機能します。
免疫細胞は多く存在しており、主なものは次の通りです。

  • ・マクロファージ…… 侵入者の情報を仲間に伝達
  • ・ヘルパーT細胞 …… 仲間に、活動開始の号令を出す
  • ・B細胞 ……………… 適した抗体を出し、侵入者を攻撃
  • ・好中球 ………………活性酵素を放出し、侵入者を攻撃
  • ・NK細胞 …………… 体内をパトロール、侵入者を即攻撃

風邪やインフルエンザのウイルスが侵入したとしても、
免疫細胞が十分に機能すれば、かかることはありません。

つまり、免疫細胞が活躍しやすい環境を作ることが
風邪やインフルエンザを予防するための大切な鍵。

ここでポイントになるのが、腸内環境です。
なぜなら、免疫細胞のうち約7割が腸内に存在し、
腸は食べたものや飲んだものなどが入ってくる場所。

外敵が侵入しやすい場所で待機しておくことで、
少しでも早いタイミングで攻撃してくれます。

免疫を高めるためには、腸内環境を整えること!
普段から、次の栄養を摂るように心がけましょう。

  • ・ビフィズス菌 …… 腸内の善玉菌を増やす
  • ・オリゴ糖 ………… ビフィズス菌のエサに
  • ・食物繊維 ………… ビフィズス菌のエサに

腸内環境を悪化させる原因は、悪玉菌の増加。
悪玉菌に対抗するビフィズス菌を増やしましょう。

ビフィズス菌は、ヨーグルトや乳酸飲料に含まれ、
オリゴ糖を混ぜて食べれば、一度に両方摂れますよ。
食物繊維はゴボウ・大根・レンコンなど食べましょう。

なお、卵も腸内環境の改善に良いってご存じですか?
腸内で卵が活躍してくれる理由は、次の通りです。

  • ・良質なたんぱく質が、腸粘膜の材料になる
  • ・卵黄コリンが腸粘膜を活性化し、老廃物を排出

食物繊維豊富な野菜と一緒に卵を食べれば、一石二鳥。
根菜たっぷりの卵入りスープなら、身体も温まりますね。
1日2個を目安に卵を食べて、冬を元気に過ごしましょう♪

「卵の通販と販売なら九州長崎に養鶏場を持つ落水正商店の太陽卵」
雲仙市愛野町から日本全国へ、完全無添加の新鮮な鶏卵をお届けします!

いつでも手軽に食べられる幸せ!まずは「卵かけご飯」でお試しください
卵を割ったとたん、目にする黄身の濃さに誰もが驚く太陽卵。中でもオススメしたいのが「卵かけご飯」です。あつあつご飯に卵をのせ、出汁の効いた醤油をかけるだけ。しゃばしゃばと無造作に流し込めば、じわじわと口の中に甘みが広がります。しかも、がつんとくる甘みではなく、穏やかな深みのあるコクだから、ごはんの甘味と本当によく合うんです!

たまご一覧はこちら

卵かけご飯にピッタリのたまご、太陽卵

おいしい太陽卵通信販売商品一覧養鶏場のご案内生産者のご紹介安全卵の取り組み

ページの先頭へ

卵かけごはんが食べたくなる、濃くて甘い、安心な卵、太陽卵。