赤玉は高級で美味しい?殻の色で味や栄養価は変わる?

  • ログイン画面へ
  • 会員登録をする
  • カゴの中を見る

卵のご注文・お問い合わせは…095-822-9031

赤玉は高級で美味しい?殻の色で味や栄養価は変わる?

最新の更新情報を皆さまにお届け

みなさん、こんにちは!
卵のネット販売の店長をしております、岩と申します。

スーパーなどで卵を選ぶとき、何を基準にしていますか?
「卵の殻の色で選ぶ」という方も多いかもしれません。

よく見かける殻の色といえば、やはり白玉ですね。
他には茶色がかった赤玉や、中間色のピンク玉もあります。
きっと「赤玉は高級で美味しい」というイメージを
持つ方が多いのではないでしょうか?

殻の色によって、美味しさは変わるのでしょうか?
栄養価にも、何か違いが出てくるのでしょうか?

結論から言えば、実は白玉も赤玉もピンク玉も同じで、
基本的に、殻の色自体は味や栄養価に影響しません。
では、殻の色はどうして違うのでしょうか?

違いを生む条件は「親鶏の種類・日齢・育つ環境」です。

卵を産む鶏には、いろいろな種類があります。
その違いによって、何色の殻の卵を産むかが変わります。
決して「赤玉=高級」というわけではありません。

たとえば、日齢を重ねると色が薄くなることもありますし、
鶏舎の日当たり具合でも、色味が異なることもあります。

つまり、美味しくて栄養価が高い卵を選びたいなら、
注目すべき大切なことは、殻の色ではないということ。
より大事なポイントは「親鶏が何を食べているか?」です。

良質な卵をつくるカギは、なんと言っても飼料。
飼料の質によって、卵の味や栄養価も変わります。

当社自慢の「太陽卵」の親鶏が毎日食べているのは、
30数種類の自然素材を配合した、オリジナル飼料。
余計な添加物などは一切、加えておりません。

鶏たちにとって美味しく、栄養満点の飼料なんです。
その結果、太陽卵は濃厚な味わいで栄養も豊富。

たとえば、一般的な卵と比べて、ビタミンEはおよそ10倍。
ビタミンEは別名「若返りのビタミン」とも呼ばれ、
アンチエイジングには欠かせない栄養素です。

その他、皮膚や粘膜の健康を守るβカロテンは約2倍、
各種ミネラルもたっぷりと含まれています。

赤玉だからと言って必ずしも栄養豊富ではありません。
でも、当社の太陽卵は親鶏が食べる飼料のおかげで、
さまざまな栄養をぎゅっと詰め込む卵なんです。

卵は、毎日のように食べる食材の一つです。
美味しく栄養豊富な太陽卵をおすすめします!

「卵の通販と販売なら九州長崎に養鶏場を持つ落水正商店の太陽卵」
雲仙市愛野町から日本全国へ、完全無添加の新鮮な鶏卵をお届けします!

いつでも手軽に食べられる幸せ!まずは「卵かけご飯」でお試しください
卵を割ったとたん、目にする黄身の濃さに誰もが驚く太陽卵。中でもオススメしたいのが「卵かけご飯」です。あつあつご飯に卵をのせ、出汁の効いた醤油をかけるだけ。しゃばしゃばと無造作に流し込めば、じわじわと口の中に甘みが広がります。しかも、がつんとくる甘みではなく、穏やかな深みのあるコクだから、ごはんの甘味と本当によく合うんです!

たまご一覧はこちら

卵かけご飯にピッタリのたまご、太陽卵

おいしい太陽卵通信販売商品一覧養鶏場のご案内生産者のご紹介安全卵の取り組み

ページの先頭へ

卵かけごはんが食べたくなる、濃くて甘い、安心な卵、太陽卵。