卵の薄皮の効果は?美肌や傷の修復などに役立つ活用法

  • ログイン画面へ
  • 会員登録をする
  • カゴの中を見る

卵のご注文・お問い合わせは…095-822-9031

卵の薄皮の効果は?美肌や傷の修復などに役立つ活用法

最新の更新情報を皆さまにお届け

みなさん、こんにちは!
卵のネット販売の店長をしております、岩と申します。

料理で使った卵の殻は、きっとそのまま捨てていますよね?
実は、殻についている卵の薄皮には、うれしい効果がたくさん。
美容や健康に役立つ成分をたっぷり含んでいます。

たとえば、目尻や口元などの気になる小ジワや、
ちょっとした傷にも、卵の薄皮を使うことができます。

古くから民間療法でも活用されてきた卵の薄皮の効果や、
卵の薄皮の活用法などをお伝えします。

卵の薄皮とは?

卵の薄皮とは、卵の殻と白身の間にある、薄い膜のこと。
正式名称を、「卵殻膜」(らんかくまく)と言います。

卵の薄皮はその名の通り大変薄く、厚さはわずか0.07mm。
でもこの薄い膜の中に、卵が育つための栄養が詰まっています。

鶏のヒナは人間と違って、母体とへその緒でつながれていません。
外界に出るまでの間の栄養は、すべて卵の中に備わっています。

卵殻膜

その大事な役目を担うのが、この卵の薄皮部分なのです。

卵の薄皮の主成分は、動物が生きる上で欠かせないたんぱく質。
18種類のアミノ酸をバランスよく含んでいます。その他、
コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分も豊富に含みます。

卵の薄膜の効果とは?

では、卵の薄膜にはどんな効果が期待できるのでしょうか?

1)お肌をしっとり弾力肌へと導く

潤いに満ちて張りのあるお肌は、女性にとっての憧れですね。
卵の薄皮には、お肌をつややかにする効果が期待できます。
さらに、張りのある弾力肌へと導く効果もあると言われています。

なぜ、卵の薄皮に美容効果があるかというと……

※人間のお肌に近い18種類のアミノ酸

卵の薄皮には、18種類ものアミノ酸が含まれています。
しかも、人間の皮膚の構成にとても近いのがうれしいポイント。
お肌が必要とする栄養を補って、健康的なお肌に整えてくれます。

※ヒアルロン酸が豊富!

卵の薄皮には、ヒアルロン酸がたっぷり含まれています。
ヒアルロン酸はご存じの通り、保湿成分の代表選手です。

皮膚の中にヒアルロン酸がたっぷりあれば、水分が保たれて、
お肌は潤いに満ちた状態を保つことができます。

つるつるのお肌の女性

ところがヒアルロン酸が不足すれば、お肌は水分を保てません。
すると、どんなに外から水分を入れ込んだとしても、
お肌がカサカサと乾燥しがちになってしまうというわけです。

お手入れしているのに、どうもお肌が乾燥してしまう……。
そうお悩みなら、ヒアルロン酸が解決法になるかもしれません。

※お肌を柔らかくする「3型コラーゲン」を含有!

人のお肌の7割は、1型と3型コラーゲンで構成されています。
特に、お肌の柔軟性を保つ役割を果たす3型コラーゲンは、
赤ちゃんのお肌にたっぷり含まれている成分です。

そのため3型コラーゲンの別名は、 ベビーコラーゲン!
まさに赤ちゃんのような、ふんわりお肌を作ってくれるのです。

もともとお肌に備わっている3型コラーゲンですが、
残念なことに、25歳ごろから少しずつ減少し始めます。

するとお肌の柔軟性が保てず、ゴワゴワとしたお肌に……。
加齢によって減ってしまった分を補うことが大切です。

2)メラニンの生成を抑制する

卵の薄皮には、メラニンの生成を抑えることで、
シミやそばかすが増えるのを防ぐ美白効果も期待できます。
その役目を果たすのが、卵の薄皮成分、シスチンです。

シスチンとはアミノ酸の一種で、体内に入ると
「L-システイン」と呼ばれる成分へと変化します。

L-システインはビタミンCと協力することで、
メラニンが作られないよう、ストップをかける働きをします。
シミやそばかすを増やさないように、頑張ってくれるのです。

卵の薄皮に含まれるシスチンはとても多く、
なんと、人間のお肌の「5倍以上」なんだとか!

すべてが有効成分としてお肌に入るわけではありませんが、
試してみる価値はあるほどの含有量ですね。

3)切り傷やすり傷の修復をサポートする

卵の薄皮には、皮膚の再生に欠かせない成分が含まれており、
切り傷やすり傷の修復をサポートするという効果があります。

実際に卵の薄皮は、相撲部屋でも利用されていて、
ちょっとした傷なら、傷口に卵の薄皮を塗るのだとか。
すると早く治り、傷跡も残りにくくなると言われています。

スポーツの世界では、どうしても傷がつきものです。
卵の薄皮の天然成分で治りが早くなるなら、
私たちも日常生活の傷に、活用してみる価値はありますね。

卵の薄皮の効果を活用するには?

卵の薄皮の効果を生かすには、どうすればいいのでしょうか?
卵の薄皮ローションやパックなど、活用法を紹介します。

1)お肌の保湿や美白には「卵の薄皮ローション」

卵の薄皮の美白効果を生かすには、
卵の薄皮ローションを用意しておくと便利です。
焼酎はホワイトリカーなど、アルコール度数30度以上が目安。

<材料>

  • 生卵・・・・・・・・・・10個分
  • 焼酎甲類・・・・・・200ml

<作り方>

  • 1) 生卵をむく前に、水洗いして殻をきれいにします。
  • 2) 殻の水分を丁寧にふきとって、卵を割ります。
  • 3) 殻の中から、卵の薄皮を取り出します。
    はがしにくければ、ピンセットを使うとスムーズです。
  • 4)卵の薄皮をザルなどにのせ、自然乾燥させます。
  • 5)ガラス容器に卵の薄皮を入れ、焼酎甲類を注ぎ入れます。
  • 6)冷暗所で1週間寝かせると完成です。

作る際のポイントは、卵の薄皮をしっかり、自然乾燥させること。
風通しの良い場所に置いておきましょう。
冷蔵庫で保管して、1か月以内を目安に使い切ってくださいね。

2)気になるシワには「卵の薄皮パック」

目じりや口元などの小ジワには、卵の薄皮パックが便利です。
卵の薄皮パックの方法は、いたってシンプルです。
卵の殻から薄皮をはがして、気になる小ジワに密着させます。

目尻のシワが気になるなら、目のまわりに薄皮を貼ります。
口元なら、口周りにそっと薄皮を伸ばすように貼ってください。

薄皮がパリパリに乾いたら、ぬるま湯で洗い落としましょう。
その後は、普段通りのスキンケアで肌を保湿してください。

3)切り傷や擦り傷には「卵の薄皮+絆創膏」

切り傷やすり傷など、ちょっとした傷ができたときは、
卵の殻から薄皮をはがし、傷口を覆うように貼ります。

そのままでははがれてしますので、絆創膏も使います。
卵の薄皮の上に絆創膏を貼り、固定しておきましょう。

毎日使う卵を、賢く有効利用!

卵の薄皮の効果は、昔から民間療法で幅広く活用されてきました。

薬ではないため、必ずしも効果があるわけではありません。
でも、いわゆるおばあちゃんの知恵袋には、
長く伝わってきたと実感できるだけの効果があるものです。

何より、卵は毎日のように食卓で使うものです。
殻を割ると出てきますから、ぜひ試してみてください。
もちろん卵の中身は、おいしく食べてくださいね!

卵アレルギーをお持ちの方は、ご使用をお控えください。
また、敏感肌の方などは、まず少量からお試しになり、
赤みやかゆみを感じたらご使用を中止してください。

「卵の通販と販売なら九州長崎に養鶏場を持つ落水正商店の太陽卵」
雲仙市愛野町から日本全国へ、完全無添加の新鮮な鶏卵をお届けします!

いつでも手軽に食べられる幸せ!まずは「卵かけご飯」でお試しください
卵を割ったとたん、目にする黄身の濃さに誰もが驚く太陽卵。中でもオススメしたいのが「卵かけご飯」です。あつあつご飯に卵をのせ、出汁の効いた醤油をかけるだけ。しゃばしゃばと無造作に流し込めば、じわじわと口の中に甘みが広がります。しかも、がつんとくる甘みではなく、穏やかな深みのあるコクだから、ごはんの甘味と本当によく合うんです!

たまご一覧はこちら

卵かけご飯にピッタリのたまご、太陽卵

おいしい太陽卵通信販売商品一覧養鶏場のご案内生産者のご紹介安全卵の取り組み

ページの先頭へ

卵かけごはんが食べたくなる、濃くて甘い、安心な卵、太陽卵。