卵のコレステロールが悪いと、誤解されてしまった理由

  • ログイン画面へ
  • 会員登録をする
  • カゴの中を見る

卵のご注文・お問い合わせは…095-822-9031

卵のコレステロールが悪いと、誤解されてしまった理由

最新の更新情報を皆さまにお届け

みなさん、こんにちは!
卵のネット販売の店長をしております、岩と申します。

卵というと、よくいわれるのがコレステロールのこと。
一時期、卵がその原因とされ、食べ控えられる時期もありました。

いまだ、間違った知識を持っていらっしゃるお医者さんも多いですね。
今日はなぜ、そういった悪い説が流れるようになったのか、ご説明します。

1913年、ロシアでウサギを使った実験がきっかけなんです。

コレステロールが人間に与える影響を調べるため、卵を使用し、
その実験対象に反応しやすいうさぎ(草食動物)が選ばれました。

その結果、血中コレステロールが増加し、
動脈硬化との因果関係が証明されたことが、
卵が動脈硬化を引き起こす食品という誤解の始まり。

ウサギは草食動物なので、卵を食べると、
コレステロールは確かに増加しやすくなります。

しかし、人間は雑食性で、動物性の肉も多く食べるため、
すぐにコレステロール値が上がるわけではありません。

最近では、毎日4~5個食べてる方の中にも、
コレステロールが高いという事実はないとか。

コレステロールに、善玉と悪玉があるのはご存じですね。
悪玉が多いと、それこそ動脈硬化の原因になります。

要は、善玉コレステロールを多く保つことが大事。

卵黄に含まれる、レシチンというリン脂質には、
コレステロールの体内蓄積を抑え、悪玉コレステロール値を、
低下させる働きがあります(オレイン酸という脂肪酸も含みます)

また、これらレシチンとオレイン酸には、
善玉コレステロール値を増やす働きもあるため、
今では、昔の説が間違ったものと証明されています。

しかも、最近では、コレステロールがやや高い方が、
長生きするとまで言われているので、時代も変わりました。

ビタミンCと食物繊維以外、
すべての栄養素を含む卵は「完全食品」と言われています。
健康のためにも、必要な食材です。毎日2個は摂ってください。

当社の太陽卵は普通の卵と比べ、総コレステロールが少ないので、
コレステロール値が高い方に最適。ぜひ、この機会にお試しくださいね。

「卵の通販と販売なら九州長崎に養鶏場を持つ落水正商店の太陽卵」
雲仙市愛野町から日本全国へ、完全無添加の新鮮な鶏卵をお届けします!

いつでも手軽に食べられる幸せ!まずは「卵かけご飯」でお試しください
卵を割ったとたん、目にする黄身の濃さに誰もが驚く太陽卵。中でもオススメしたいのが「卵かけご飯」です。あつあつご飯に卵をのせ、出汁の効いた醤油をかけるだけ。しゃばしゃばと無造作に流し込めば、じわじわと口の中に甘みが広がります。しかも、がつんとくる甘みではなく、穏やかな深みのあるコクだから、ごはんの甘味と本当によく合うんです!

たまご一覧はこちら

卵かけご飯にピッタリのたまご、太陽卵

おいしい太陽卵通信販売商品一覧養鶏場のご案内生産者のご紹介安全卵の取り組み

ページの先頭へ

卵かけごはんが食べたくなる、濃くて甘い、安心な卵、太陽卵。