低コレステロールの原因と症状は?脳梗塞や心筋梗塞に

  • ログイン画面へ
  • 会員登録をする
  • カゴの中を見る

卵のご注文・お問い合わせは…095-822-9031

低コレステロールの原因と症状は?脳梗塞や心筋梗塞に

最新の更新情報を皆さまにお届け

みなさん、こんにちは!
卵のネット販売の店長をしております、岩と申します。

血液検査で気になる項目の一つがコレステロールですね。
コレステロールの値が高いと、気になる方も多いのでは?

昔からコレステロールというと、悪者イメージを持たれがち。
ところが実は、値が低すぎても身体に良くありません。

低コレステロールになると動脈硬化を引き起こし、
脳梗塞や心筋梗塞などの原因にもなってしまいます。
正しく理解して、健康管理に役立てたいものですね。

そもそも、コレステロールとは?

ところで一体、コレステロールとは何でしょうか?
いざ聞かれると、うまく説明できない方も多いことでしょう。

コレステロールとは、体内に存在している脂質の一つ。
私たちが生きる上で、とても大事な役割を果たしています。
たとえばコレステロールは、全身を作る細胞膜の必須成分です。

60兆個にも及ぶ細胞膜すべてに、コレステロールが使われます。
いかに大事な成分なのかが分かりますよね。

コレステロールは、ホルモンの材料でもあります。
ホルモンと一言でいっても、さまざまな種類があります。
たとえば、性ホルモンである男性ホルモンや女性ホルモン。
他には、副腎皮質ホルモンなどもあります。

コレステロールが不足すれば、これらのホルモンを
十分に作ることができなくなってしまいます。
良質なコレステロールを補ってあげることが大切ですね。

さらにコレステロールは、胆汁酸の材料でもあります。
胆汁酸とは肝臓で作られる成分。脂質代謝に関わっています。
胆汁酸が豊富にあると、脂質がスムーズに消化できるのです。

こうしてコレステロールの役割を見てみると、
いかに大事な成分なのかがお分かりいただけると思います。

善玉と悪玉のバランスが重要!

健康診断などの血液検査でコレステロール値が分かったら、
特にチェックしてほしいことがあります。

それは、「善玉と悪玉のバランス」です。
コレステロールには、大きく分けて2つあります。
善玉コレステロールと悪玉コレステロールですね。

善玉と悪玉という言葉の響きから誤解されがちですが、
実は正体は同じ。働きによって分類されているだけです。

コレステロールは、血液中に溶け込むことができません。
そこで、リポたんぱくと呼ばれるカプセルに包まれて移動します。

カプセルには、“出発便”と“到着便”の2つがあります。
全身へコレステロールを運ぶカプセルを「悪玉」と呼びます。
余分なコレステロールを回収するものを「善玉」と呼びます。

つまり、「悪玉=運び屋」「善玉=回収屋」というわけです。
いわば、善玉と悪玉は二つで一つ。セットで働きます。

それぞれが同じように働いていれば、
体内のコレステロール量は、一定に保つことができます。
でも、どちらかが増えすぎたら……?

悪玉が多すぎれば、ただひたすらコレステロールが運ばれます。
また善玉が少なくても、コレステロールの回収が間に合いません。
つまり、両者がバランスを保つことがとても大切なのです。

低コレステロールの主な症状とは?

では、善玉コレステロールが減るとどうなるでしょうか?

善玉コレステロールが減れば、回収できる量が減り、
全身の血管壁にコレステロールがこびりつくことになります。
すると血管が弾力を失い、動脈硬化の状態になってしまいます。

さらに、コレステロールが蓄積し血管の通り道が狭くなれば、
脳梗塞や心筋梗塞など、重大な症状を引き起こす原因にも。

動脈硬化の図

悪玉が多い、または善玉が少ない状態を脂質異常症と呼びます。
以前は、高脂血症という名前で呼ばれていた症状です。

近年は高いだけでは低いことも問題であることから、
脂質異常症という名前が広く使われるようになりました。
健診などで脂質異常症を指摘されたら、早めに対策しましょう。

細胞膜やホルモンの成分も不足する!

知っておきたい低コレステロールの症状は、他にもあります。
繰り返しになりますが、コレステロールは重要な材料です。
細胞膜やホルモン、胆汁酸を作るのに欠かせません。

低コレステロールになれば、材料が不足します。
つまり、細胞膜がスムーズに作られなくなったり、
ホルモンや胆汁酸が不足したりといった事態も招きます。

高コレステロールも危険ですが、低コレステロールにも、
十分な配慮が必要だということが分かりますね。

低コレステロールの原因は?

ところで、なぜ低コレステロールになるのでしょうか?
低コレステロールの原因には、大きく分けて2つあります。

一つは、甲状腺疾患や肝疾患といった病気が原因の場合。
もう一つは生活習慣で、多くの場合こちらのパターンです。

原因として挙げられる主な生活習慣は、次の通り。

  • ・食が細く、食べる量が少ない
  • ・長期間ダイエットを続けている
  • ・ベジタリアンの傾向がある

低コレステロールの原因は食事と深い関係があります。
コレステロールは私たちの体内でも作る成分ですが、
良質なコレステロールを外から補うことも大切。

食事量が少なければ、摂取できるコレステロールは減ります。
急なダイエットを長期間続けるのは、望ましくありません。

しかもコレステロールは、肉や魚、卵、
魚卵など、主に動物性食品に多く含まれる成分です。
野菜中心の生活では、どうしても不足しがちになります。

低コレステロールの原因を取り除くためにも、
意識的にコレステロールを含む食品を食べてくださいね。
特に卵は、良質なアミノ酸も豊富に含む完全栄養食品です。
1日2個を目安に、おいしい卵を食べることをおすすめします。

良質なコレステロール補給に太陽卵を!

ご紹介したように、低コレステロール状態になると、
脳梗塞や心筋梗塞などの症状を引き起こしかねません。

低コレステロールの多くの原因は、摂取量が足りないこと。
普段の食事から良質なコレステロールを補給しましょう。

太陽卵は、自然素材を配合した独自の安全飼料で鶏を育て、
抗生物質や着色料なども一切使用せず、生まれた卵です。

理想のコレステロール値を保つためにも、
おいしく栄養豊富な太陽卵をお役立てください!

「卵の通販と販売なら九州長崎に養鶏場を持つ落水正商店の太陽卵」
雲仙市愛野町から日本全国へ、完全無添加の新鮮な鶏卵をお届けします!

いつでも手軽に食べられる幸せ!まずは「卵かけご飯」でお試しください
卵を割ったとたん、目にする黄身の濃さに誰もが驚く太陽卵。中でもオススメしたいのが「卵かけご飯」です。あつあつご飯に卵をのせ、出汁の効いた醤油をかけるだけ。しゃばしゃばと無造作に流し込めば、じわじわと口の中に甘みが広がります。しかも、がつんとくる甘みではなく、穏やかな深みのあるコクだから、ごはんの甘味と本当によく合うんです!

たまご一覧はこちら

卵かけご飯にピッタリのたまご、太陽卵

おいしい太陽卵通信販売商品一覧養鶏場のご案内生産者のご紹介安全卵の取り組み

ページの先頭へ

卵かけごはんが食べたくなる、濃くて甘い、安心な卵、太陽卵。