ゆで卵の殻がきれいにむける方法、知っていますか?

  • ログイン画面へ
  • 会員登録をする
  • カゴの中を見る

卵のご注文・お問い合わせは…095-822-9031

ゆで卵の殻がきれいにむける方法、知っていますか?

最新の更新情報を皆さまにお届け

みなさん、こんにちは!
卵のネット販売の店長をしております、岩と申します。

先日お客様から「ゆで卵の殻がむけなくて」と言われました。
皆さん、知っていますか?ゆで卵の殻がきれいにむける方法。

実は私も去年ぐらいまでよくわかっていませんでした。
古い卵しか、きれいにむけないと思っていたからです。

ところが去年、NHKの「ためしてガッテン」であったんです。
よくむける方法が…。それは、卵のお尻側にヒビを入れること。

この写真だと、上の方がお尻側になりますね。
ここには「気室」と呼ばれる空気の部屋があります。

この部分だけ、薄皮と殻の間があいているため、
気室にヒビを入れても、卵を覆う薄皮にキズが付かず、白身も出ません。

なぜ、ヒビを入れるのかと言いますと、
産まれたての卵には、二酸化炭素が多く含まれ、
古くなってしまった卵でも、目に見えない無数の穴から、
二酸化炭素が抜けることで、殻がむけやすくなるのです。

そして、このヒビを入れることで、
新しい卵もゆで卵で美味しくいただけます。
ヒビ入れに自身がない方は、画鋲などお使いください。

後日、ヒビを入れることを聞いたお客様は、
「初めてゆで卵がきれいにむけました!」と来店の際、
とっても大はしゃぎのご様子で、私も嬉しくなりました。

弊社の太陽卵は、ミネラルが豊富なため、
塩がいらずにゆで卵で食べられるとよく言われます。
皆さんもぜひ機会がございましたら、食べてくださいね。

「卵の通販と販売なら九州長崎に養鶏場を持つ落水正商店の太陽卵」
雲仙市愛野町から日本全国へ、完全無添加の新鮮な鶏卵をお届けします!

卵かけご飯がごちそうになる濃くて甘い太陽卵

おいしい太陽卵通信販売商品一覧養鶏場のご案内生産者のご紹介安全卵の取り組み

ページの先頭へ

直営農場:千綿ファーム