卵の発送はチルド便?それとも普通便でも大丈夫?

  • ログイン画面へ
  • 会員登録をする
  • カゴの中を見る

卵のご注文・お問い合わせは…095-822-9031

卵の発送はチルド便?それとも普通便でも大丈夫?

最新の更新情報を皆さまにお届け

みなさん、こんにちは!
卵のネット販売の店長をしております、岩と申します。

初夏ごろから増えるのが、配送についての質問です。
「卵の発送はチルド便のほうがいいですか?」
「普通便でお願いしても大丈夫ですか?」
と、どちらを選ぶべきかというご相談をいただきます。

当店では、夏季はチルド便を推奨しています。
理由や目安となる時期、利用時のポイントなどをお伝えします。

暑いときはチルド便が安心!

当店では卵のご注文時、チルド便での配送をご指定いただけます。気温が上がり始めると皆さん気にされるのが「チルド便にするべき?」ということ。ただしスーパーに行けば、卵は常温で売られていることがほとんど。そのため「普通便でも大丈夫なのでは……」と迷われるようです。

一般的に卵は、25度以下であれば鮮度が保たれると言われています。そのため、気温がさほど高くない時期は普通便でも問題ありません。ただ、食品衛生法ですすめているのは「10℃以下での保存」です。なぜなら卵は温度の影響を受けやすいため。高温になると卵はダメージを受けかねません。だから夏季はチルド便が理想なんです。

チルド便をご指定した場合、当店では日本郵便の「チルドゆうパック」でお送りします。0~5度の冷蔵温度帯を保ってお客さまのもとへ運ばれるので安心!鮮度を保ったまま、
お届けすることができます。

チルド便を選んだほうがいい時期は?

一口に暑いときといっても、感じ方は個人差がありますね。チルド便を選ぶかどうかは「気温が25度以上」が一つの目安。時期でいえば「5~9月」にあたります。チルド便で送ってほしいという方は、公式ショップでのご注文時、チルド便をご指定ください。

商品お届け先画面

「配送先入力」画面に、「配送方法」という項目があります。ページを開いたときには「指定しない」になっていますので、その右の「∨」をクリックしてください。候補に「チルド便」が出てきたら、クリックするだけです。

※通常の配送料の他に、360円が加算されます。
※送料無料の商品の場合は、チルド便代金のみ

ただし、当店では現在「6月21日~9月中旬」の時期に限り、
すべての商品に関してチルド便での配送をお願いしております。

従来は夏季も、普通便での配送を行っていました。不都合が起こったケースはありませんでしたが、近年記録的な暑さが続いています。また、台風や豪雨など自然災害による配送遅延なども発生しており、夏季期間に限りチルド便での配送が必要と判断いたしました。

この期間に関しては、ご注文時に配送方法を選ばなくても、自動的にチルド便での配送となります。通常の配送料に360円が加算されますが、商品の鮮度と品質保持のため…と、
ご理解いただけましたら幸いです。詳しくは別ページにてお知らせしております。

参考記事:発送に関して…夏季期間のみチルド便発送となります

卵も汗をかく?届いたらすぐ冷蔵庫へ

チルド便での配送なら、適切に温度管理ができます。ただし卵が届いたら、すぐ冷蔵庫に入れることがポイントです。商品到着後は、すみやかに冷蔵庫へと移してください。

先日、チルド便で卵をお届けしたお客さまから「到着後、割れがないか確認すると、点々と模様が出て、白身のような液がしみていました。これはなんなのでしょうか?」というお問い合わせをいただきました。

卵の殻についていた点々とした模様、白身のような液……その正体は「水滴」です。実は卵も人間のように汗をかきます。冬の寒い時期、窓につく結露を想像すると分かりやすいかもしれません。

汗を引き起こすのが気温差です。チルド便の車内は、常に0~5度という温度が保たれています。到着後と冷蔵庫に入れるまでの間に温度差が生じ、卵が汗をかいたのでしょう。汗をかかせないためにも、到着後すぐに冷蔵庫に移すようにしてくださいね。

なお、卵の殻にはいくつもの小さな穴(気孔)が開いています。汗をかくと気孔から雑菌が入る可能性があり、そのまま放置すれば傷みやすくなってしまいます。もしも卵が汗をかいてしまったら、ティッシュなどで拭き取ってから冷蔵庫に移してください。

夏季はチルド便をご利用ください!

当店では、産みたての新鮮な卵を発送しています。ぜひ夏季はチルド便をご利用になり、冷蔵庫で保存して、美味しく安全安心な卵をお召し上がりください。

なお、冷蔵庫のドアポケットは温度変化が大きく、卵の保存に向いていません。汗を防ぐためには、できるだけ温度変化の少ない冷蔵庫奥での保存がおすすめ。品質を保つための保存方法は別記事で詳しく紹介しています。ぜひあわせてご覧ください。

参考記事:卵を長持ちさせる保存方法は?常温?冷凍?丸い方を上?

「卵の通販と販売なら九州長崎に養鶏場を持つ落水正商店の太陽卵」
雲仙市愛野町から日本全国へ、完全無添加の新鮮な鶏卵をお届けします!

卵かけご飯がごちそうになる濃くて甘い太陽卵

おいしい太陽卵通信販売商品一覧養鶏場のご案内生産者のご紹介安全卵の取り組み

ページの先頭へ

直営農場:千綿ファーム