これで安心!卵のサルモネラ菌を防ぐ3つの対策とは

  • ログイン画面へ
  • 会員登録をする
  • カゴの中を見る

卵のご注文・お問い合わせは…095-822-9031

これで安心!卵のサルモネラ菌を防ぐ3つの対策とは

最新の更新情報を皆さまにお届け

みなさん、こんにちは!
卵のネット販売の店長をしております、岩と申します。

これから夏に向け、食中毒が増え始める季節です。
食事を作るお母さんは、何かと気がかりでは?

卵による食中毒といえば、心配なのがサルモネラ菌。
3万個に1個の割合で、卵に含まれているとか。
確率が低いとはいえ、ゼロでないなら心配ですよね。

しっかり対策すれば、食中毒を防ぐことができます。
今のうちにサルモネラ対策を覚えておきましょう。

1)ひび割れした卵は使わない

卵かけごはんやすき焼きなど、卵を生で食べる場合、
ひび割れした卵は使わないようにしてください。

卵のサルモネラ菌は、主に卵の殻から感染します。
汚染された卵がひび割れしていると、
卵の中に菌が入ってしまっている可能性があります。

ただし、近年は殺菌消毒してから出荷する卵がほとんど。
もちろん、太陽卵も、GPセンターで殺菌消毒済みです。

でも、安全面のことを考えると、暑い時期は特に、
ひび割れた卵の生食は避けることをおすすめします。

2)卵を割るのは調理直前!

つい忙しいとしてしまいがちなので「割り置き」です。
早めに卵を割り、そのまま置いてしまっていませんか?

サルモネラ菌は、高い気温を好む細菌です。
20℃以上になるとかなり増殖しやすくなります。

室内に放置していると、細菌が増える原因になるため、
料理に卵を使う場合、割るのは、調理直前にしましょう。

3)加熱すれば安心です!

サルモネラ菌は、加熱処理することで死滅します。
気になるなら、加熱してからお召し上がりください。

ただし、しっかり火を入れることが肝心!
理想は「75℃で1分間以上、65℃で5分以上」

弱火で仕上げる半熟オムレツやスクランブルエッグ、
目玉焼きだと、加熱時間が足りない可能性があります。
お子さんのお弁当に入れる際は、気をつけてくださいね。

気温が上がるとサルモネラ菌の話題も耳にしますが、
正しい知識をもって調理すれば、基本的に心配無用です。

ぜひ夏の季節も、おいしい太陽卵をお召し上がりください!

「卵の通販と販売なら九州長崎に養鶏場を持つ落水正商店の太陽卵」
雲仙市愛野町から日本全国へ、完全無添加の新鮮な鶏卵をお届けします!

卵かけご飯がごちそうになる濃くて甘い太陽卵

おいしい太陽卵通信販売商品一覧養鶏場のご案内生産者のご紹介安全卵の取り組み

ページの先頭へ

直営農場:千綿ファーム