卵の性質を知って料理上手に!ゆで卵を好みの食感に

  • ログイン画面へ
  • 会員登録をする
  • カゴの中を見る

卵のご注文・お問い合わせは…095-822-9031

卵の性質を知って料理上手に!ゆで卵を好みの食感に

最新の更新情報を皆さまにお届け

みなさん、こんにちは!
卵のネット販売の店長をしております、岩と申します。

卵は朝食にお弁当のおかずに…と実に大活躍。
いろいろな料理に使えるのが魅力ですよね。

先日、地元のお友だちと話していると、
「目玉焼きだけで数十種類の作り方がある」
という話が出てきてビックリ!少し驚きました。

料理レシピ検索サイトのクックパッドで、
目玉焼きに関するレシピ数を調べてみたところ、
なんと6753品!改めて卵のすごさを実感しました。

卵には、意外と知られていない性質があります。
それが分かれば、さらに料理の幅も広がりますよ!

ぜひ知っておきたいのが「固まる温度」のこと。

  • 卵黄 ………「65℃」前後から固まり始めて、
  •                 「75℃」以上で完全に凝固する。
  • 卵白 ………「60℃」前後から固まり始めて、
  •                 「70℃」ぐらいまではゲル状を保ちます。
  •                 「80℃」以上で完全に凝固しますが、
  •                 「90℃」ぐらいまでは硬さが変化していきます。

このような違いを改めて知っていると、
ゆで卵を好みの食感に仕上げることができます。
固ゆでが好きな方は、約90℃でしっかり茹でましょう。

温泉卵は、65~70℃を保ったまま、ゆっくり加熱します。
卵黄は固まりますが、卵白は完全に固まらない温度なので、
黄身は半熟、白身はとろとろの温泉卵が完成します。

さらに黄身の特徴として面白いのが、
塩分を含んだ調味液に漬けると固まるという性質。

そこでおすめしたいのが、卵黄の醤油漬け!

醤油とみりんでつくった調味液に卵黄を漬けるだけ。
濃厚な味わいなので、お酒のアテにはもちろん、
卵かけごはんにもぴったりです。

ちなみに、卵を使ってチャーハンを作るときは、
卵黄だけを使うと美味しいという話も聞きました。
今度私も試しに挑戦してみようかなと思っています。

毎日食べる卵。いろいろ試して楽しみたいものです。
皆さんも、なにかおすすめの卵の使い方があれば、
ぜひ教えてくださいね!お待ちしております。

「卵の通販と販売なら九州長崎に養鶏場を持つ落水正商店の太陽卵」
雲仙市愛野町から日本全国へ、完全無添加の新鮮な鶏卵をお届けします!

卵かけご飯がごちそうになる濃くて甘い太陽卵

おいしい太陽卵通信販売商品一覧養鶏場のご案内生産者のご紹介安全卵の取り組み

ページの先頭へ

直営農場:千綿ファーム