タンパク質は動物性と植物性、どちらの方が良い?

  • ログイン画面へ
  • 会員登録をする
  • カゴの中を見る

卵のご注文・お問い合わせは…095-822-9031

タンパク質は動物性と植物性、どちらの方が良い?

最新の更新情報を皆さまにお届け

みなさん、こんにちは!
卵のネット販売の店長をしております、岩と申します。

たんぱく質は、私たちの身体をつくる大事な栄養素です。
骨や筋肉、そして血液や皮膚、髪の毛にいたるまで、
身体のあらゆる部分をつくる基礎になっています。

ちなみにたんぱく質には、動物性と植物性があります。
「植物性のほうがヘルシーなかんじがする」という理由で、
つい穀類や大豆、豆腐をはじめとした大豆製品など、
植物性たんぱく質ばかりを摂っていませんか?

確かに植物性たんぱく質はカロリーが低めなので、
ダイエット中でもさほど心配する必要がありません。

ただし、動物性と植物性、それぞれに良さが違います。
動物性もほどよく取り入れることをおすすめします。

動物性たんぱく質の一番の魅力は、吸収力の高さ。

植物性たんぱく質は、体内への吸収率は70~90%。
しかし、一方の動物性は90~99%が体内で使われます。
同じ量でも、よりたくさん使われることが分かりますね。

また、動物性たんぱく質は必須アミノ酸も豊富。
イソロイシンやトリプトファン・リジンといった、
健康に欠かせないアミノ酸をたくさん含んでいます。

動物性と植物性、どちらにもメリットがあります。
二つのたんぱく質をうまく摂りいれることが大切です。

たんぱく質は、成長期の子どもはもちろんのこと、
大人にとっても欠かせない重要な栄養素です。

不足すると、体をつくるための材料が足りなくなるため、
体力が低下したり、肌トラブルにつながったりします。
いろいろな食材を偏りなく食べることが大切ですね。

肉や魚・卵、そして、大豆製品など、
たんぱく質を含む食材をバランスよく食べましょう。

卵は、良質な動物性たんぱく質を含む食材です。
美味しい太陽卵も、毎日の食卓にお役立てください。

「卵の通販と販売なら九州長崎に養鶏場を持つ落水正商店の太陽卵」
雲仙市愛野町から日本全国へ、完全無添加の新鮮な鶏卵をお届けします!

卵かけご飯がごちそうになる濃くて甘い太陽卵

おいしい太陽卵通信販売商品一覧養鶏場のご案内生産者のご紹介安全卵の取り組み

ページの先頭へ

直営農場:千綿ファーム