つらい胃酸過多症の対策として卵の殻の利用がオススメ?

  • ログイン画面へ
  • 会員登録をする
  • カゴの中を見る

卵のご注文・お問い合わせは…095-822-9031

つらい胃酸過多症の対策として卵の殻の利用がオススメ?

最新の更新情報を皆さまにお届け

みなさん、こんにちは!
卵のネット販売の店長をしております、岩と申します。

最近、胃もたれやゲップ、胸焼けが気になる……。
その症状は「胃酸過多症」かもしれません。

食べ過ぎや飲みすぎなどによる一過性の症状なら、
それほど心配する必要はないと言われています。

ただし、胃に負担をかける生活を続けるのは要注意。
胃炎、さらには胃潰瘍に進展することもあります。
しっかりと気をつけたいものですよね。

胃酸過多症の予防には、やはり食生活の改善が一番。
胃液の分泌を抑えるためにも、暴飲暴食をやめて、
胃に負担のかかる食材はなるべく避けましょう。

控えたいのは、海老や貝類など消化が悪いもの、
タケノコやごぼうなど、食物繊維の多いもの、
香辛料やコーヒー・紅茶なども控えましょう。
もちろん禁酒や節酒なども忘れずに…。

逆に、しっかりと摂りたい栄養が「たんぱく質」
過剰に分泌される胃液から胃壁を守るためには、
良質のたんぱく質を摂ることが大切です。

おすすめは、卵や牛乳、豆腐や白身魚など。
えんどう豆を薄味で柔らかく煮ると胃に優しいそう。
これからの季節に出回ってきますので、ぴったりですね。

油で炒めるなら、オリーブ油やごま油を活用すると、
胃酸の分泌が抑えられるのだとか。もちろん、
摂りすぎはダメ!適量にしましょう。

実は民間療法として、
「胃酸過多症に卵の殻がいい」と言われています。

どうやって使うかと言いますと、
卵の殻2~3個分をよく洗い、水気をふき取ります。
すり鉢に入れて、粉末状にすりつぶしたものを、
1回に2~3gずつ飲むといいようです。

普段は使わず処分してしまう卵の殻にも、
いろいろな活用方法があるとは驚きですね!
卵の薄皮も、実はこんなふうに使えるんですよ。

参考記事:卵の薄皮の効果は?美肌や傷の修復などに役立つ活用法

栄養豊富で美味しく、しかも活用方法いろいろ。
ぜひ皆さんも、毎日の生活に卵をお役立てください。

「卵の通販と販売なら九州長崎に養鶏場を持つ落水正商店の太陽卵」
雲仙市愛野町から日本全国へ、完全無添加の新鮮な鶏卵をお届けします!

卵かけご飯がごちそうになる濃くて甘い太陽卵

おいしい太陽卵通信販売商品一覧養鶏場のご案内生産者のご紹介安全卵の取り組み

ページの先頭へ

直営農場:千綿ファーム