卵の黄身と白身、栄養や栄養価がより多いのはどっち?

  • ログイン画面へ
  • 会員登録をする
  • カゴの中を見る

卵のご注文・お問い合わせは…095-822-9031

卵の黄身と白身、栄養や栄養価がより多いのはどっち?

最新の更新情報を皆さまにお届け

みなさん、こんにちは!
卵のネット販売の店長をしております、岩と申します。

生のまま、茹でる、焼くと料理のレパートリーが幅広く、
価格も手ごろな卵は、頼りになる食卓の味方ですよね。

卵は栄養豊富だということはご存じかと思いますが、
ふと「卵の黄身と白身って、栄養はどっちが多いの?」と
疑問に思ったことはありませんか?

今回は、私たちの健康をサポートしてくれる卵の栄養について、
黄身と白身に分けて、それぞれの栄養素もお伝えします。

卵の黄身に栄養が集中しています!

卵の黄身と白身、どちらのほうが栄養を多く含むのでしょうか?

結論から言えば、「黄身」に軍配が上がります。
特に注目すべきが、卵の黄身に含まれる栄養「脂質」

卵黄に含まれる脂質の主成分は、リン脂質と呼ばれるもの。
リン脂質は、脳や細胞膜、神経組織などを作る重要な材料。
私たちの健康を保つには、欠かすことのできない成分なんです。

リン脂質は大豆やレバーなどの食材にも含まれていますが、
含有量を比べると卵黄が圧倒的に多く、なんと大豆の約3倍!

卵の黄身

しかも卵黄は、ビタミンやミネラルも豊富です。

特に多く含まれているのが、疲労回復を助けるビタミンB群。
目や粘膜などの健康を保ってくれるビタミンAも多く、
強い骨作りに役立つビタミンDも豊富に含んでいます。

カルシウムやリン、鉄などのミネラルもたっぷり含むので、
身体の調子を整え、元気な身体へと導いてくれますね。

卵の白身はたんぱく質が豊富!

ここまで見てきたように、卵の栄養は黄身に凝縮されています。
では、卵の白身には栄養はないかといえば、それは違います!

白身はどろどろした質感からも分かるように主成分は水分。
比率で言うと、全体のうち約90%。ほとんど水分です。

でも、残りの10%には大切な栄養が含まれています。
その正体は……そう、たんぱく質です!

ゆで卵にしたときに白く固まることからも分かるように、
白身はたんぱく質をたっぷりと含んでいるのです。

黄身にもたんぱく質は含まれていますが、
卵1個の内訳なら、たんぱく質が多いのは白身。

たんぱく質は、私たちの筋肉や骨はもちろんのこと、
皮膚・髪の毛・爪、そして血液などの材料になる栄養です。
良質なたんぱく質を、十分に食べ物から摂取したいものですね。

卵の黄身と白身、栄養価を比べると「黄身」の勝利です。
でも白身には、良質なたんぱく質が含まれています。

卵の黄身だけ、白身だけといった食べ方でなく、
やはり卵丸ごと1個、一緒に食べるのが理想です。
バランスよく、さまざまな栄養を摂ってくださいね。

卵の黄身が濃いほうが栄養価が高い?

卵の黄身が濃いと栄養がありそうと思いませんか?
オレンジ色のような黄身は、見るからに味が濃厚で、
栄養もぎゅっと、凝縮しているような気がしますよね。

実は、黄身の色の濃さと栄養価は関係ありません。
黄身の色は鶏が何を食べたかによって変わるのです。

たとえば、鶏がパプリカやトウモロコシなどを多く食べると、
自然と黄身の色は濃くなり、オレンジ色に近づきます。
黄身が濃いからといって、栄養価が高いわけではないのです。

割った卵

とはいえ、黄身の濃い卵は食欲をそそりますし、
卵焼きを作っても、鮮やかに美しく仕上がります。
ゆで卵を割ったときにも、オレンジ色だとおいしそうです。

お子さんのお弁当に入れるときにも、
鮮やかな黄身だと、お弁当全体が華やかになるので、
黄身の濃い卵を選ぶと、ご家族皆さんが喜びそうですね。

ただし、黄身の濃い卵には注意したいものもあります。
市販の中には、鶏が毎日食べる飼料に着色料を混ぜ、
人工的に黄身を濃くしている卵もあるためです。

黄身の濃い卵を選ぶときは、無添加の飼料を食べているのか、
確認してから買うようにすると安心ですね。

卵の栄養、加熱するとどうなる?

卵の栄養というと、加熱の影響を気にする方も多いことでしょう。

生でも食べられますが、やはり多いのは加熱する調理法です。
加熱すると、黄身や白身の栄養はどうなるのでしょうか。
栄養が損なわれてしまうことはあるのでしょうか。

結論から言えば、加熱してもそう栄養価は変わりません。
熱に弱いビタミンB群やたんぱく質量は、やや減りますが、
ほぼ影響ありません。安心して加熱して召し上がってください。

ただし、加熱することで消化のしやすさは変わります。
最も消化にいいのが半熟のゆで卵。たとえば、夜食の際など、
胃に負担をかけたくないなら、半熟ゆで卵を食べるといいですね。

「ゆで卵だけだと物足りない」という場合は、
温泉卵をうどんのトッピングにするのもおすすめです。

栄養満点の野菜サラダと一緒に!

卵は「完全栄養食」とも呼ばれるほど、栄養豊富な食品です。
たんぱく質や脂質、ビタミン、ミネラルなどを幅広く含み、
私たちの健康づくりに活躍してくれます。

ただし、ビタミンCと食物繊維は含まれていませんので、
他の食品から摂るようにしてくださいね。

たとえば、キャベツやブロッコリー、パプリカなどは、
ビタミンCと食物繊維がたっぷり含まれる野菜です。

これらの野菜を使ったサラダにゆで卵を載せれば、
栄養バランスのとれたおいしい健康サラダになります。

かつては「卵はコレステロールが多く、摂りすぎは良くない」
と言われていました。実は現在では事情が変わっています。

健康体であれば、食品からコレステロールを摂取しても大丈夫、
「身体への悪影響は認められない」という考え方が主流です。
※高コレステロール血症の方は、過剰な摂取に注意が必要。

卵は、和洋中どんな料理にでも使えて便利ですし、
シンプルな調理でも、立派な一品になります。たとえば、
高野豆腐を使った卵とじや、トマトと卵の炒め物の料理など、
常備食材と合わせるだけで、すぐにもう一品を用意できますね。

簡単おいしい卵料理で、ぜひ卵の栄養をたっぷり摂ってください。

「卵の通販と販売なら九州長崎に養鶏場を持つ落水正商店の太陽卵」
雲仙市愛野町から日本全国へ、完全無添加の新鮮な鶏卵をお届けします!

いつでも手軽に食べられる幸せ!まずは「卵かけご飯」でお試しください
卵を割ったとたん、目にする黄身の濃さに誰もが驚く太陽卵。中でもオススメしたいのが「卵かけご飯」です。あつあつご飯に卵をのせ、出汁の効いた醤油をかけるだけ。しゃばしゃばと無造作に流し込めば、じわじわと口の中に甘みが広がります。しかも、がつんとくる甘みではなく、穏やかな深みのあるコクだから、ごはんの甘味と本当によく合うんです!

たまご一覧はこちら

卵かけご飯にピッタリのたまご、太陽卵

おいしい太陽卵通信販売商品一覧養鶏場のご案内生産者のご紹介安全卵の取り組み

ページの先頭へ

卵かけごはんが食べたくなる、濃くて甘い、安心な卵、太陽卵。