おいしい温泉卵、なぜできる?温泉卵を作るコツとは

  • ログイン画面へ
  • 会員登録をする
  • カゴの中を見る

卵のご注文・お問い合わせは…095-822-9031

おいしい温泉卵、なぜできる?温泉卵を作るコツとは

最新の更新情報を皆さまにお届け

みなさん、こんにちは!
卵のネット販売の店長をしております、岩と申します。

サラダや丼物、カルボナーラなど麺類にも合う、
卵のトッピングと言えば……そう、温泉卵です!

温泉卵の魅力は、とろりとした黄身とぷるぷるの白身。
優しい食感と卵のコクがしっくりなじんで、
料理の美味しさをさらにアップさせてくれますよね。

でも、温泉卵って不思議だと思いませんか?
どうして、外側の白身はまだぷるぷるの状態なのに、
内側にある黄身がとろりと固まっているのでしょうか?

その秘密は白身と黄身が固まる「温度の差」にあります。

白身は58℃で固まり始め、80℃で完全に固まります。
「58℃→80℃」と、温度の上昇とともに、
少しずつ固まっていくイメージですね。

一方の黄身は、65~70℃で固まり始めます。
この温度を保つと完全に固まってしまうのです。

ここまで読むと少し分かってきたでしょうか?
白身と黄身では、完全に固まる温度に違いがあり、
この性質をうまく利用したのが「温泉卵」なのです。

温泉卵は、身体への消化吸収がとても良く、
しかも油も使わないので、とてもヘルシーです。

本格的な受験シーズンを迎えるお子さまの夜食や、
病後の回復期のお食事などにも、ぜひご利用ください。

温泉卵を作るコツは、温度をほぼ一定に保つこと。
30分ほど約70℃を保てば、温泉卵が出来上がります。
ただしご家庭だと、温度管理が大変ですね。

太陽卵で作った美味しい温泉卵を召し上がりたい方は、
ぜひ当店自慢の温泉卵をご賞味くださいませ。

当店では、卵かけご飯にも温泉卵をおすすめしています。
太陽卵でできた温泉卵は、美味しさも格別ですよ!

「卵の通販と販売なら九州長崎に養鶏場を持つ落水正商店の太陽卵」
雲仙市愛野町から日本全国へ、完全無添加の新鮮な鶏卵をお届けします!

卵かけご飯がごちそうになる濃くて甘い太陽卵

おいしい太陽卵通信販売商品一覧養鶏場のご案内生産者のご紹介安全卵の取り組み

ページの先頭へ

直営農場:千綿ファーム