十万種類もある?卵に含まれるタンパク質の役割とは

  • ログイン画面へ
  • 会員登録をする
  • カゴの中を見る

卵のご注文・お問い合わせは…095-822-9031

十万種類もある?卵に含まれるタンパク質の役割とは

最新の更新情報を皆さまにお届け

みなさん、こんにちは!
卵のネット販売の店長をしております、岩と申します。

昔から「年をとったら粗食に」と言われてきました。
ところが近年では逆。健康のためにはむしろ、
肉を食べたほうがいいと言われますよね。

というのも、私たちの身体は、
タンパク質によってつくられているから。

一言でタンパク質と言っても、種類はさまざま。
身体を構成するタンパク質はなんと、
約10万種類に及ぶのだとか!

例えば、筋肉や骨、臓器、皮膚、髪の毛、血管、
これらの主な材料は、タンパク質です。
若々しく元気で過ごすために、
いかにタンパク質が大切かが分かりますよね。

ただ、その重要性を分かってはいても、
手軽にタンパク質が摂れるプロテインに、
依存している方が多いのが気になります。

もちろん適度に活用すれば便利ではありますが、
過剰摂取すると、かえって逆効果。
肝臓や腎臓に負担がかかると言われています。

やはり安心できるタンパク質の摂取法としては、
「食材から摂る」ことをオススメします。

ただし食べる量を極端に増やすことはできません。
できるだけ高タンパク質の食品を、
そして日々コツコツ摂ることが大切なポイントです。

タンパク質含有量が多い食材は、
肉類、魚介類、卵類、大豆製品、乳製品など。
特に卵は、質の良いタンパク質を含んでいます。

そのカギを握るのが「アミノ酸」

タンパク質の材料となるアミノ酸のうち、
体内でつくれない9種類のことを、
「必須アミノ酸」と呼んでいます。

自分でつくることができないわけですから、
食事から摂らなくてはいけません。

そんな必須アミノ酸9種類をすべて、
しかもバランス良く含んでいるのが卵!

必須アミノ酸は、9種類のいずれかが不足すると、
他の必須アミノ酸の働きも低下してしまいます。
だから、すべてがバランス良く含まれる卵は、
理想的なアミノ酸食材言えるのです。

なお、タンパク質には動物性と植物性があり、
両方をまんべんなく摂ることも大切なポイント。
動物性は、太陽卵にお任せくださいね!

「1日2個」を目安に卵を食べ、
良質なタンパク質を摂りましょう♪

「卵の通販と販売なら九州長崎に養鶏場を持つ落水正商店の太陽卵」
雲仙市愛野町から日本全国へ、完全無添加の新鮮な鶏卵をお届けします!

卵かけご飯がごちそうになる濃くて甘い太陽卵

おいしい太陽卵通信販売商品一覧養鶏場のご案内生産者のご紹介安全卵の取り組み

ページの先頭へ

直営農場:千綿ファーム