卵を毎日2~3個は食べよう!年代別に異なるメリット

  • ログイン画面へ
  • 会員登録をする
  • カゴの中を見る

卵のご注文・お問い合わせは…095-822-9031

卵を毎日2~3個は食べよう!年代別に異なるメリット

最新の更新情報を皆さまにお届け

みなさん、こんにちは!
卵のネット販売の店長をしております、岩と申します。

手軽に買えて、美味しく栄養価も高い卵は、
老若男女問わず、毎日食べたい食品の一つと言えます。
それぞれの年代で、どんなメリットがあるのでしょうか?

※幼少期
幼少期は、身体の基礎がつくられるとても大切な時期。
ご存じの通り、身体の材料になるのはたんぱく質です。

骨や筋肉はもちろんのこと、皮膚や内臓、髪の毛など、
あらゆるものがたんぱく質から作られます。
卵を食べて、良質なたんぱく質を摂取しましょう!

幼少期は、大事な脳がつくられる時期でもあります。
脳の乾燥重量のおよそ50%がたんぱく質ですから、
脳を育てる意味でも、卵をうまく役立てたいものですね。

また、卵黄に豊富に含まれる栄養成分レシチンは、
神経伝達物質の材料です。脳の発達には欠かせません。

※児童期
成長期にしっかり栄養を摂ると、背が伸び体重も増えます。
運動量も増えてきますので、たんぱく質がますます必要です。

特に女の子は月経が始まって貧血になる子も増えます。
たんぱく質は赤血球のヘモグロビンの材料となる栄養素。
毎日卵を食べて、良質なたんぱく質を補ってあげましょう。

※青年期
男女ともに、性ホルモンを作る大切な時期です。
性ホルモンを作るには、コレステロールが必要ですから、
しっかりたんぱく質を摂りましょう。

ストレスは、体内で大量のたんぱく質を消費してしまいます。
たんぱく質が不足しないよう、卵で補ってくださいね。

※中年期
加齢や運動不足により、筋肉量が低下し始めます。
筋肉が落ちると体温が下がり、太りやすくなります。
たんぱく質摂取と適度な運動を心がけましょう。

女性の場合、女性ホルモンの分泌が急激に減るため、
更年期障害による心身のトラブルに悩まされる時期です。
しっかり卵を食べて、たんぱく質を補ってくださいね。

※老年期
病気予防のために、十分なたんぱく質量が必要です。
女性の場合は特に、骨の中のたんぱく質が溶け出して、
骨粗しょう症になる人も増えます。

昔は、卵を食べるとコレステロール値が上がると言われ、
食べすぎないほうがいいとも言われてきました。

最新の研究により、健康な人が一日2~3個卵を食べても、
コレステロール値が上がることはないことが分かっています。
毎日卵を食べて、心身の健康づくりにお役立てくださいね!

「卵の通販と販売なら九州長崎に養鶏場を持つ落水正商店の太陽卵」
雲仙市愛野町から日本全国へ、完全無添加の新鮮な鶏卵をお届けします!

いつでも手軽に食べられる幸せ!まずは「卵かけご飯」でお試しください
卵を割ったとたん、目にする黄身の濃さに誰もが驚く太陽卵。中でもオススメしたいのが「卵かけご飯」です。あつあつご飯に卵をのせ、出汁の効いた醤油をかけるだけ。しゃばしゃばと無造作に流し込めば、じわじわと口の中に甘みが広がります。しかも、がつんとくる甘みではなく、穏やかな深みのあるコクだから、ごはんの甘味と本当によく合うんです!

たまご一覧はこちら

卵かけご飯にピッタリのたまご、太陽卵

おいしい太陽卵通信販売商品一覧養鶏場のご案内生産者のご紹介安全卵の取り組み

ページの先頭へ

卵かけごはんが食べたくなる、濃くて甘い、安心な卵、太陽卵。