スーパーだと常温の卵、家庭で冷蔵庫に入れるのはなぜ?

  • ログイン画面へ
  • 会員登録をする
  • カゴの中を見る

卵のご注文・お問い合わせは…095-822-9031

スーパーだと常温の卵、家庭で冷蔵庫に入れるのはなぜ?

最新の更新情報を皆さまにお届け

みなさん、こんにちは!
卵のネット販売の店長をしております、岩と申します。

皆さん、購入した卵はどのように保存しておられますか?
きっと大半の方が「冷蔵庫に入れる」と答えることでしょう。

でも、実際にスーパーの卵売場を思い浮かべてみると、
冷蔵ケースに入っていることは、あまりありません。
ほとんどの場合、常温の状態で卵が並んでいます。

それなら、卵は常温保存でも問題ないのでしょうか?

結論から言えば、やはり「冷蔵保存」がベターです。
卵は生ものですから、菌の繁殖を防ぐには低温管理が理想。
気温が高い夏はもちろんのこと、秋冬も冷蔵庫に入れ、
10℃以下に保って管理することをおすすめします。

ここで浮かぶ疑問が「スーパーの卵売場はなぜ?」
本来、冷やしたほうがいい卵なのでどうして、
常温の状態で売っているのか気になりますよね。

その理由は「結露による傷みを防ぐ」ためなんです。

スーパーの店内で冷やしていた卵を購入し、
常温で自宅まで持ち帰ると、大きな気温差が生じます。
すると結露が発生し、卵が傷みやすくなるのです。

結露ができると卵が傷むのは、卵の殻に穴があるから。
小さすぎて私たちの目にはしっかりと見えませんが、
卵の殻には「気孔」と呼ばれる穴が開いています。

その数はなんと、7000~17000個!
結露ができると、空気中の雑菌が気孔を通じて、
卵の中に入り込みやすくなってしまうのです。

品質を保つためにも、ぜひ冷蔵庫で保存してください。
どうしても冷蔵庫に入りきらないという場合は、
風通しが良く、なるべく涼しい場所で保管し、
賞味期限より早めにお召し上がりください。

「卵の通販と販売なら九州長崎に養鶏場を持つ落水正商店の太陽卵」
雲仙市愛野町から日本全国へ、完全無添加の新鮮な鶏卵をお届けします!

卵かけご飯がごちそうになる濃くて甘い太陽卵

おいしい太陽卵通信販売商品一覧養鶏場のご案内生産者のご紹介安全卵の取り組み

ページの先頭へ

直営農場:千綿ファーム