成長期に!卵の栄養を最大限に生かす効果的な食べ方

  • ログイン画面へ
  • 会員登録をする
  • カゴの中を見る

卵のご注文・お問い合わせは…095-822-9031

成長期に!卵の栄養を最大限に生かす効果的な食べ方

最新の更新情報を皆さまにお届け

みなさん、こんにちは!
卵のネット販売の店長をしております、岩と申します。

お子さまの成長期は、身体をぐんぐん大きくするチャンス。
成長に必要な栄養をしっかり摂ることが大切ですね。

「業務用卵Lサイズ80個入り」をご利用のお客さまより、
先日こんなお声をいただきました。

家族で1日に5個くらいは食べるので、とても助かります。
少し値段は高くなっても、栄養価が高いので、
成長期の子供に食べさせたいと思っています。

そう!栄養豊富で「完全栄養食」とも呼ばれる卵は、
たんぱく質を豊富に含み、成長期のお子さまにぴったり。

しかも、ちょっとした工夫によって、
卵の栄養を最大限に生かす食べ方ができるのです。

1)野菜と組み合わせる!

卵はたんぱく質はもちろん、ビタミンやミネラルも豊富。
ただし、ビタミンCと食物繊維は含まれていません。
ですから、食べるときは野菜と組み合わせましょう。

例えば、野菜サラダにゆで卵をトッピングしたり、
野菜炒めを作るときは、卵とじにしたり。

ほうれん草やキノコ類を入れたかきたま汁も、
身近な材料でさっと作れていいですね!

2)温泉卵・半熟ゆで卵で「レシチン」摂取

卵には、レシチンと呼ばれる脂質も含まれています。
これは脳や神経組織の成分となる重要な物質。
つまりレシチンがなければ、脳がつくれません。

成長期は、体に加えて脳も大きくなる時期なので、
大量のレシチンが必要だと言われています。

しかもレシチンは、神経伝達物質である、
アセチルコリンの合成成分でもあります。
たっぷりとレシチンを摂ることで、精神の安定や、
集中力・記憶力の向上などが期待できます。

卵を食べて、十分なレシチンを補給しましょう!

ちなみにレシチンは、熱に弱いのがやや難点。
60℃以上になると壊れ始める性質があるため、
レシチンを摂るなら加熱しすぎないことがポイント。

生食がベストですが、消化や吸収などを考えると、
温泉卵や半熟ゆで卵などがおすすめです。

卵の性質をうまく生かしながら、
成長期のお子さまの食事にお役立てくださいませ。

小腹がすいたときの軽食やおやつ、
勉強を頑張る受験生の夜食や「塾弁」などにも、
卵は大活躍の食材です!

「卵の通販と販売なら九州長崎に養鶏場を持つ落水正商店の太陽卵」
雲仙市愛野町から日本全国へ、完全無添加の新鮮な鶏卵をお届けします!

卵かけご飯がごちそうになる濃くて甘い太陽卵

おいしい太陽卵通信販売商品一覧養鶏場のご案内生産者のご紹介安全卵の取り組み

ページの先頭へ

直営農場:千綿ファーム