卵のサルモネラ菌汚染が心配?正しい対策法をご紹介

  • ログイン画面へ
  • 会員登録をする
  • カゴの中を見る

卵のご注文・お問い合わせは…095-822-9031

卵のサルモネラ菌汚染が心配?正しい対策法をご紹介

最新の更新情報を皆さまにお届け

みなさん、こんにちは!
卵のネット販売の店長をしております、岩と申します。

卵というと、サルモネラ菌による食中毒について
心配される方も多いようです。

実は、卵のサルモネラ汚染はほんのわずか。
最近の調べでは、卵10万個を検査したところ、
サルモネラに汚染されていたのはたったの3個。
確率でいえば、0.00003%という数字なんです。

サルモネラ対策として大切なことは、
正しく保存し、賞味期限を守って食べること。
さらに、調理に気を配ることの3つ。

それぞれについて詳しく見てみましょう。

1)正しく保存する

サルモネラの発育温度は「10℃」以上。
特に20℃以上になると増殖しやすい状態になり、
37℃位が増殖に適した温度だと言われています。

ですから、暑い夏場はもちろんのこと、
それ以外の季節も冷蔵庫保存がおすすめです。

2)賞味期限を守って食べる

日本には卵を生で食べる習慣があるため、
「安心して生食できる期限」を基準に
賞味期限が決められています。

生で食べる場合は賞味期限を守り、
できるだけ新鮮なうちに召し上がると安心です。

ただしサルモネラは熱に弱いため、
十分に加熱すれば死滅します。

賞味期限を過ぎた卵を食べる場合は、
75℃以上で1分以上、または65℃で5分間以上、
十分に加熱してお召し上がりください。

なお、ヒビが入っている卵も、
しっかり加熱して食べてくださいね。

3)調理に気を配る

調理の際にも心がけたいことがあります。
卵を使って調理するときには、

・手や調理器具を洗い、清潔にする
・卵は調理前に洗わない
・割卵したら早めに使用する

という点を意識してください。
卵料理が完成したら、
なるべく早めに食べることもポイントです。

卵は、元気な身体づくりに欠かせない食材です。
ビタミンCと食物繊維以外の栄養素を全て含み、
とても心強い味方といえますよね。

ぜひサルモネラ対策をして、
美味しい卵をたっぷりお召し上がりください。

「卵の通販と販売なら九州長崎に養鶏場を持つ落水正商店の太陽卵」
雲仙市愛野町から日本全国へ、完全無添加の新鮮な鶏卵をお届けします!

卵かけご飯がごちそうになる濃くて甘い太陽卵

おいしい太陽卵通信販売商品一覧養鶏場のご案内生産者のご紹介安全卵の取り組み

ページの先頭へ

直営農場:千綿ファーム